迷宮金魚

2014年09月の更新履歴 [前月]  [次月]

2014/09/25
雑記] エバープリンセス創刊日です
2014/09/22
雑記] 「聖娼の島」を読んだ
2014/09/21
お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 後書き
2014/09/21
お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 6
2014/09/20
お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 5
2014/09/19
お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 4
2014/09/19
雑記] 拍手ありがとうございました!
2014/09/18
お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 3
2014/09/18
雑記] 見本誌届きました&Amazonにカバー出ました
2014/09/16
お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 2
BACK|全2頁|NEXT

雑記] エバープリンセス創刊日です

 概要: 本日、9月25日エバープリンセスが創刊になりました!きっと全国の書店に並んでいる…はず。恐れ多くも創刊メンバーに加えていただきました。エバーロマンスのブログによれば、エバープリンセスの公式サイトは近いうちに公開予定とのこと。9/28追記エバープリンセス公式サイトオープンしました。公開された時には、ブログやTwitterで告知するそうなので、チェックしてみてくださいね。さらにさらに、次回は11月25日発売、その後は...

雑記] 「聖娼の島」を読んだ

 概要: 乙女系に手を出すまでは、性描写ありのものっていうと官能小説とジュブナイルポルノばっかり読んでいたんですが、乙女系の存在を知ってからはすっかり遠ざかっていたんですよね。乙女系から少女向けラノベに手を出し始めて、さらに少年向けラノベに手を広げちゃってたから、三年か四年くらい官能小説は読んでなかった気がします。「最近は女性の官能小説家も増えてるんだぜ~」と友達におすすめされたのがこれ。うかみ綾乃先生の「...

お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 後書き

 概要: 「お忍び陛下の甘い夜」におつきあいありがとうございました!五回のつもりが六回に……(笑)書き上げたものに修正入れながら公開してたら、どんどんのびちゃったんですよね。主にあれなシーンの加筆なわけですが。やっぱりギルベルトはリーゼを振り回しているんでしょうね。まあ、リーゼといちゃいちゃするのが彼にとっての最大の癒しなので、しかたないといえばしかたない。拍手は他の人にメッセージが見えないようになっているの...

お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 6

 概要:  待ち望んだ熱が、蜜壷の入口に触れる。溢れた蜜を絡めるようにこすられて、リーゼの中の欲望が熱を帯びる。一番奥が熱を帯びた。 ギルベルトの欲望が重なり合った襞をかきわけ、隘路へと押し入ってくる。「あっ……あぁっ!」 一息に最奥まで貫かれて、リーゼは背中をそらす。頭の中が真っ白になった。 ギルベルトは一度先端近くまで引き抜いてから、力強く奥まで打ちつけてくる。抜かれた喪失感に身悶えした次の瞬間、最奥が突...

お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 5

 概要:  口づけながらもギルベルトの手は休むことなくリーゼの肌の上を滑っていた。 彼の手は脇腹をゆっくりとなぞり、そのまま腰から腿の裏へと進んでいく。そちらから送り込まれる感覚に気を取られれば、乳房を這う舌が頂近くを掠めて、思わず声を上げてしまう。 「いや……あぁ……」 また、頂近くを掠めるくせに、肝心のところには触れようとしない。もどかしさに身を捩れば、その動きを利用して、寝間着から腕を抜かれてしまった。 ...

お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 4

 概要: 「ギルベルト……さ、まぁ……! んぅぅ……」 零れてしまう声を枕に吸い取らせようにも、刺激される度に背中はそって、部屋中にはしたない喘ぎが響いてしまう。 リーゼの弱いところを完全に知り尽くしている彼にとっては、リーゼを屈服させるのなどたやすいことだった。 ベッドの頭の方へと這って逃げようとすると、腰を掴んで引き戻される。逃げようとした罰と言わんばかりにその場所を爪が引っ掻いた。 薄布越しとはいえ、痛み半...

雑記] 拍手ありがとうございました!

 概要: 昨日拍手くださった方、ありがとうございました!拍手が動作するのって都市伝説じゃなかったんですね…wありがとうございます!!!Amazonの画像は先日張ったのですが、担当さんから画像いただいたので、アップしておきますねー。サムネイルなのでクリックしてどうぞ!...

お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 3

 概要:  予想通りの感覚に襲われて、リーゼは唇を噛んだ。シーツとうつ伏せになっている彼女の胸の間に入り込んできた手は、遠慮という言葉を知らない勢いで乳房を鷲掴みにする。 逃げたくても逃げられない。彼の指が頂を掠める。ごくわずかな刺激を与えられただけのはずなのに、その場所は簡単に硬度を増した。「だめっ……ま、だ……あん!」 口答えは許さないとばかりに、硬くなりかけた場所を摘ままれる。ぴくりと肩を揺らせば、彼が上...

雑記] 見本誌届きました&Amazonにカバー出ました

 概要: 9月25日創刊、エバープリンセスの見本誌が手元に届きました。わーい。さっそく画像を上げようと思ったのですが、我が家の貧弱な光源ではどうにも上手く撮影できず。エバーロマンスのTwitterの方で画像が公開されていたので、そっちにリンク貼っておきますね。エバーロマンスTwitterひゃー!ものすごくシックな仕上がりですよ!色合いはシックなんですが、実物は表紙に加工がされていて何だかきらきらしています!帯のコピー見て、...

お忍び陛下の専属侍女番外編] お忍び陛下の甘い夜 2

 概要: 「それでも、ここにいらっしゃる理由にはならないでしょう?」 リーゼはギルベルトの腕から身を解いて、一歩下がる。寝ようとしていたところだったから当然なのだけれど、今身につけているのは寝間着一枚だけ。 薄い物しか身につけていないというのが何とも心許なくて、両腕を胸の前で交差させる。「つまらないな。お前、いつからそんな話し方をするようになった」「い……いつからって……皇妃教育を受けていますから……当然です」 ...
BACK|全2頁|NEXT