迷宮金魚

2016年01月の更新履歴 [前月]  [次月]

2016/01/27
身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編(2)
2016/01/25
身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編(1)
2016/01/25
身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編
2016/01/23
雑記] 【エバープリンセス】身代わり花嫁の蜜月 1月25日発売です
2016/01/16
電子書籍] 【電子書籍】「裏カド」フェアのお知らせ
2016/01/15
脱走プリンセス 番外編] 脱走プリンセス 番外編 小さな花壇の大きな問題 (4)
2016/01/12
書籍関連] 【エバープリンセス】身代わり花嫁の蜜月発売のお知らせ
2016/01/12
脱走プリンセス 番外編] 脱走プリンセス 番外編 小さな花壇の大きな問題 (3)
2016/01/09
脱走プリンセス 番外編] 脱走プリンセス 番外編 小さな花壇の大きな問題 (2)
2016/01/09
脱走プリンセス 番外編] 脱走プリンセス 番外編 小さな花壇の大きな問題 (1)
BACK|全1頁|NEXT

身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編(2)

 概要:  セルジュに話をすると、さっそくその日の夕食に席をもうけることになった。 今回の旅のために新しく仕立てたドレスに袖を通し、シルヴィはメイドが髪を結ってくれるのを眺めていた。 胸元を大きく開いた淡い水色のドレスは、とても気に入っている。合わせたトパーズの首飾りが、シルヴィの細い首を強調している。「そろそろ時間――まだ、終わっていなかったか」「いえ、これで終わりです」 ふらりと扉を開いて入ってきたセルジ...

身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編(1)

 概要:  シルヴィは、特別客室の窓辺に落ち着くと、ホームに目をやった。 前回アンクレールに出かけた時には、ひっそりと旅立ったものだから、誰一人として見送りに来なかったのだが、今回は違う。 さほど交友関係が広いというわけではないのだが、今回は何人かの友人が見送りに来てくれている。先ほどまで特別室の中を見て回っていた彼女達は、内装が豪華であることに驚きの声を上げていた。 まもなく出発という時刻になって、彼女達...

身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編

 概要: 両親を亡くし、知人の伯爵セルジュに引き取られたシルヴィは、結婚相手を探す年頃になった。本当は結婚なんてしたくない。彼女が好きなのはセルジュなのだ。でも、養い親と結ばれることなどありえないだろう。せめてもう少しだけ側にいたいと思っていたのに、従兄弟との不名誉な噂が社交界に流れてしまった。セルジュに迷惑をかけまいと、屋敷を出ることにしたけれど……。本日、1月25日、身代わり花嫁の蜜月が発売されました!今日...

雑記] 【エバープリンセス】身代わり花嫁の蜜月 1月25日発売です

 概要: 両親を亡くし、知人の伯爵セルジュに引き取られたシルヴィは、結婚相手を探す年頃になった。本当は結婚なんてしたくない。彼女が好きなのはセルジュなのだ。でも、養い親と結ばれることなどありえないだろう。せめてもう少しだけ側にいたいと思っていたのに、従兄弟との不名誉な噂が社交界に流れてしまった。セルジュに迷惑をかけまいと、屋敷を出ることにしたけれど…。発売日が近くなってきたので浮上しました~。年の差、じれじ...

電子書籍] 【電子書籍】「裏カド」フェアのお知らせ

 概要: 2016年1月15日~2016年1月28日まで、下記三作品が40%オフになります。「密偵メイドは恋の罠にとらわれて」「離宮の王女は愛にとまどう」「堕天使の寵愛」対象はこちらの販売ストアです。BOOK☆WALKERBOOK☆WALKERでは、18日朝まで、コインアップキャンペーン対象商品にもなってますので、BOOK☆WALKERユーザーの方は、ぜひこの機会にどうぞ!「夜だけの恋縛契約」「初恋騎士の甘い口づけ」以外の作品が対象になります。紀伊國屋書店Ki...

脱走プリンセス 番外編] 脱走プリンセス 番外編 小さな花壇の大きな問題 (4)

 概要:  城に帰ると、ランドルフは疲れ切った様子の一家を、客人用の棟へと案内させた。何度も頭を下げながら立ち去る彼らを見送って、彼はルーチェに笑顔を向けた。「さて、夕食にしようか。今日は、食堂にいかないですむように頼んであるから」 本来なら、晩餐は国王夫妻とともに大食堂でとることになっているのだが、時々はこうして二人きりでとることもある。 おそらく、いろいろと話したいことがあるために、二人での夕食を事前に...

書籍関連] 【エバープリンセス】身代わり花嫁の蜜月発売のお知らせ

 概要: 表紙画像が出ていたので、告知させていただきます。1月25日、エバープリンセスから3冊目『身代わり花嫁の蜜月』が発売になります。幼い頃に両親を亡くしたシルヴィが、両親の友人であったセルジュのもとに引き取られて六年。年頃になった彼女にセルジュは縁談を探そうとするけれど、実は彼女には縁談をすすめにくい理由があって……というお話です。そう、今回は年の差なのです!今まで十歳以上、年の離れたカップルを書いたことは...

脱走プリンセス 番外編] 脱走プリンセス 番外編 小さな花壇の大きな問題 (3)

 概要:  与えられた役を王妃に返上すると告げた翌日。ルーチェはランドルフに連れられて、城の外へと出かけることになった。「一つ聞いてもいい? ずいぶん護衛の人が多いような気がするんだけど、私の気のせいかしら」 黙って彼に導かれるままに馬車に乗り込んだルーチェだったけれど、首を傾げてしまった。 ルーチェとランドルフが出かける時には護衛がつくのは当然のことなのだが、今日のそれはいつもの倍くらいの人数がいるように...

脱走プリンセス 番外編] 脱走プリンセス 番外編 小さな花壇の大きな問題 (2)

 概要:  着々と花壇を整備する計画を進めていたルーチェだったが、翌週になって問題が発生した。 ルーチェとの謁見を申し込んでいたネメディス子爵家が、都に到着していないというのだ。 王族との謁見時には、遠方からの客人はどこに宿泊するのかを事前に届けた上で、半日前に王宮に入って謁見のための準備をするのが基本なのだが、到着が遅れているために届け出のあった宿に使用人が確認に向かったところ、宿に到着していなかったのだ...

脱走プリンセス 番外編] 脱走プリンセス 番外編 小さな花壇の大きな問題 (1)

 概要: 「……私、このままじゃいけない気がするの」 自室で様々な書類に埋もれたルーチェは深々とため息をついた。彼女の膝の上には、庭園の見取り図が置かれている。 庭園を美しく調えるための采配は王妃――もちろん、実際の作業は専門家である庭師達の手によって行われる――ため、王太子妃となったルーチェがいずれその役を引き継ぐのは決定事項だ。 そして、その準備として南の庭園の一角、花壇の一つを好きにしてもいいと言われて、何...
BACK|全1頁|NEXT