迷宮金魚

2016年03月の更新履歴 [前月]  [次月]

2016/03/10
雑記] 乙蜜ミルキィ文庫 フェアのお知らせ
2016/03/09
電子書籍] 「王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫~」ご紹介いただきました!
2016/03/05
電子書籍] 【電子書籍】王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫~
2016/03/03
書籍関連] 【乙蜜ミルキィ文庫】ラブ ミルキィ-完熟エロス短編集- 発売のお知らせ
2016/03/02
身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編(5)
2016/03/01
電子書籍] 【電子書籍】「初恋スキャンダル!」配信開始のお知らせ
2016/03/01
身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編(4)
BACK|全1頁|NEXT

雑記] 乙蜜ミルキィ文庫 フェアのお知らせ

 概要: 春の乙蜜ミルキィ文庫フェアが開催されます!短編小説アンソロジー第2弾「ラブミルキィ-完熟エロス短編集-」の発売を記念して、天野ちぎり先生イラスト「3月始まり 特製カレンダー付きしおり」がもらえるフェアが開催されるそうです。どどん!こちらのイラストですよ!私も「「愛してる」なんて信じない」という短編で参加させていただいております。そしてもう一点。秋葉原にある書泉ブックタワーで開催される、「乙蜜ミルキ...

電子書籍] 「王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫~」ご紹介いただきました!

 概要: 先日配信開始になった「王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫~」ですが、編集を担当してくださったロマンスヒルズ中谷様のブログにて素敵に紹介していただきました。『王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫~』繊細でエロティックな作風とヒロインの心理描写が見事な作品……ですと……!繊細でエロティック!繊細でエロティック!嬉しかったので、何度も言います(笑)それと私ってばものすごく大事なことを前回書き忘れていて...

電子書籍] 【電子書籍】王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫~

 概要: ロマンスブックカフェにて、「王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫~」の配信が始まりました。ロマンスヒルズ中谷様が編集を担当してくださって、素敵な王宮ロマンスに仕上がっております!今回、まだKindle版が出ていないので、Amazonの画像イメージが使えないのですが、ブログ更新用に頂いた画像をアップさせていただきました。イラストを担当してくださったのはあぎすけ様。下の画像をクリックすると、大きな画像が見えるの...

書籍関連] 【乙蜜ミルキィ文庫】ラブ ミルキィ-完熟エロス短編集- 発売のお知らせ

 概要: 乙蜜ミルキィ文庫から3月14日発売されるアンソロジー「ラブ ミルキィ-完熟エロス短編集-」に参加させて頂きました。前回の「蜜恋エンゲージ 一途な公爵の甘い誘惑」では第一弾アンソロジーの「ラブ ミルキィ -濃蜜エロス短編集-」が同時発売だったのですが、まさか今回自分が参加できるとは。こんな豪華メンバーの中に入ってしまっていいのだろうか、とどきどきしておりますよ!そして、その豪華メンバーの中、宇佐川小説のトリに...

身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編(5)

 概要:  シルヴィがシーツの上で身悶えすると、セルジュはさらに手を這わせてきた。胸が柔らかく揉まれ、脇腹をすぅっと撫でられる。そのたびにぞくぞくとする感覚が、下腹部を妖しく震わせて、シルヴィの官能を深めていく。「んっ……セルジュ……様……」 喘ぎ混じりに彼の名を呼ぶ。自分の身体が、すっかり彼に馴染んでいることも、彼の与えてくれる快感から逃れられないことも、シルヴィの悦びとなって、身体に愉悦が浸透していく。「どう...

電子書籍] 【電子書籍】「初恋スキャンダル!」配信開始のお知らせ

 概要: ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇「俺が、そんな男かどうか――君自身で確認してみるっていうのはどうかな?」――憧れの先輩・大輔を追いかけて入社した悠里は配属先で偶然本人と再会する。まさかの事態に舞い上がる悠里だが、職場の先輩から大輔に関する良くない噂を聞かされる。「会社の女の子にしょっちゅう手を出してるって噂だもの」学生時代の彼はあんなに真面目だったのに? ショックを受けるも自分の中の印象とのギャップに半信...

身代わり花嫁の蜜月 番外編] 身代わり花嫁の蜜月 番外編(4)

 概要:  鋭い快感が走り抜けて、シルヴィはもう一度背中を弓なりにする。頭からシュミーズが引き抜かれて、残っているのはあと一枚だけ。 両手で胸を覆い隠そうとするが、その手は優しくシーツの上に縫い止められた。首筋から緩やかに胸元へとセルジュの舌が這っていく。 身体が素直な反応を返すのはごく当然のこととして受け入れていたけれど、羞恥心までが失われたわけではなくて、身体を捩る。「はっ……ん、あ、あぁ……」 舌が肌に触...
BACK|全1頁|NEXT