迷宮金魚

□ いきなり後宮プリンセス!?溺甘殿下は蜜月計画中! □

第一章 身代り花嫁は後宮へ(6)

 
「――これは、命令だ。それでも聞けぬというのなら、慧月の治療を取りやめてもよいのだぞ」

「お、お父様、それだけは!」

 役に立たなくなった妾は、屋敷から追い出されても文句を言えない。

 そんな中、父は長年の間患っている母を、余計なことは一言も言わず離れにおいてくれ、医師の治療も受けさせてくれた。

 だが、治療を取りやめてしまえば、母は命を落とすことになりかねない。

(お父様が、本気で言っているとは思いたくないけれど……)

 母に対する父の気持ちがどの程度のものかはわからないが、愛はなくとも情は残っていると思いたい。

 忙しい中でも、月に数度は母の様子を見に、離れに顔を出してくれているのは知っている。そんな父が治療を取りやめると口にするくらいなのだから、今回の縁談は壊すわけにはいかない。

「わかりました、お父様。ご命令通りにいたします」

 玉英が嫁ぐ予定だった日まで、まだ少し時間がある。

 その間に気持ちを固めればいい。

 けれど、梅英のその決心もまたあっという間に覆されてしまった。

「今回のようなことがあっては困る。後宮入りの日を早めるようにという命令が陛下の方からあった。次の吉日に婚儀を執り行う」

「つ、次の吉日って!」

 思わず悲鳴じみた声を上げてしまった。

 いや、それもしかたなかった。

 次の吉日といえば、明日。こんな急に嫁ぐことになるなんて、想像できるはずもない。

「明日の朝には、後宮からお迎えが来る。今日のうちに準備をすませておけ」

「そんな!」

「お前と玉英は体形が似ている。花嫁衣装も、嫁入り道具もそのまま使えるだろう。新たに用意する必要はない」

 たしかに父の言う通りではあるけれど、いくらなんでも明日の朝出発することになるなんてむちゃくちゃだ。

 嫁ぐ前、母とゆっくり過ごす時間さえ取れない。

 一度後宮に入ってしまったら、めったなことでは外出の許可も下りない。事前に申し出れば、母から会いに来てくれることはできるけれど、病みついた身ではそれも難しいだろう。

「そんな……あまりにも急過ぎて……」

「命令だ、と言ったはずだぞ」

 そう重ねて言われてしまえば、反論する言葉なんて出てこなかった。

 そう、命令ならば逆らうことはできない。

 先ほどからずっと顔を上げることができないでいる。いつか、誰かに嫁ぐことになるだろうと思っていたけれど、もう少し先の話だと思っていた。

 それなのに、父はなおも追い打ちをかけてくる。

「皇太子殿下のご厚意とはいえ、お前では殿下は物足りないだろう」

「そ、そうですよね……」

 他に何が言えるだろう。美女の誉れ高い姉、平凡な妹。

 しかも、玉英の母である正妻は、先帝からすれば従姉妹にあたる女性だ。母の身分という点からも梅英では玉英に太刀打ちできない。それがわかっているからこそ、無理と口にしているのに。


2019年1月25日発売
追放聖女はシンデレラ 俺様魔王に溺愛されて幸せです(ジュエルブックス)
電子書籍 2018年6月1日配信開始 
皇帝陛下は花嫁狩り ~いきなり私が皇妃様!?~(LUNA文庫)

    第一章 身代り花嫁は後宮へ(5) 
既刊一覧

電子書籍



*    *    *

Information

Date:2019/03/13
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://goldfishlabyrinth.blog.fc2.com/tb.php/274-cbaf7cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)