迷宮金魚

□ 悪役令嬢、コワモテ陛下にさらわれました!!! 愛され奥さまにジョブチェンジですかっ? □

第二章 悪役令嬢、隣国へ(9)

 
「交易船は、港ですか?」

「交易船が見たいのか」

「間近で見ることがなかったので……お時間のある時に見せていただけたら嬉しいです」

 この国の都は、フォルスロンド王国の都とはまるで違う雰囲気だ。

 街を行く人々が身につけている色も、赤、黄色、オレンジに鮮やかな緑など華やかなものが多い。だが、その間に柔らかな色合いの服を着た人達もいて、自分が好きなものを好きなように身に着けているようだ。

(……私のこの格好でもあまり浮かないかも)

 ちらり、と赤いドレスを着ている自分の身体を見下ろした。

「ほら、あれが俺の城だ」

「――すごい!」

 馬車の行く手には、大きな城が見えていた。

 真っ白な石造りの建物は、建物そのものが芸術品のように美しい。彫刻が施され、屋根は優雅なアーチを描いている。

 けれど、建築様式は統一されていないようだった。建物の南側と北側では、北側の方が古い時代様式でたてられているようにも見える。

「……とても大きいんですね」

「増改築を繰り返しているから、いつの間にかこの大きさになってしまったという方が正解かもしれないな。南の方は、五十年ほど前に建てられたものだ」

「やっぱり」

「やっぱり、とは?」

「北側の方はセゴニア様式だと思ったんです。南に行くにしたがってだんだん新しい様式になっていって、最南端はトゥリア様式です。だから、何回かにわけて、増改築されたのだと。それから、南側のドームの彫刻は、南の大陸風ではありませんか?」

 淑女としての教育を受ける中、歴史の授業と美術の授業にも力を入れていた。

 どこに招かれるにしても、美しい城や屋敷は建物そのものが芸術品だ。建物に施されている彫刻は、誰の手によるものなのか。それがわかるのとわからないのとでは、話の弾み具合が変わってくる。

「フェリアは、本当に物知りなのだな。感心した」

「いえ、そんなのでは」

 たしか、城の敷地面積は広いが、建物内に日光をまんべんなく取り入れるために、中庭にかなりの面積を割いているはずだ。

(このお城で過ごすの……少し、楽しみになってきたかもしれない)

 中庭での日光浴は、きっと気持ちがいいだろう。

 自分が、この国での滞在を楽しむつもりになっていることに、フェリアはまったく気づいていなかった。

 

 招き入れられた城の中もまた立派なものだった。

「――この国は、とても豊かなのですね……!」

 思わず、フェリアの口からそんな言葉が漏れた。

 建物の中央には、フェリアの予想通り中庭があった。そして、ぐるりと中庭を囲うようにしてもうけられている廊下は、両側の壁に大きく窓が取られている。

 今日はさほど暑くないから窓は閉じられているけれど、夏になったら中庭の風が涼しく廊下を通り抜けていくに違いない。

 そして、廊下の床には敷物は敷かれていなかった。そのかわり、様々な色合いのタイルが敷き詰められて、モザイク画が描かれていて、その上を踏んで歩くのが申し訳ないような気分に陥るほどに美しい。

 廊下だけではなく天井を見上げれば、そこには、この国で見ることのできる植物が彫刻されていた。

 そして、天井近い位置にあるというのに、どの彫刻にも埃などつもっていない。使用人達が丁寧に仕事しているのがよくわかる。

(『ヒロイン』は、このお城を見てどう思ったのかしら……)

 思わずフェリアは心の中でつぶやいた。

 こんなにも美しい城に足を踏み入れて、ヒロインはどう感じたのだろう。

「本当に、素敵なお城ですね!」

「フェリアにそう言われると、俺も誇らしくなってくるな。建築のことはよくわからないんだが」

「ほら、あそこに葡萄があります。葡萄は収穫できますか」

「ワインを作っているからな。たくさんとれるぞ」

「機会があったら、ワイナリーも見学させていただけたら嬉しいです」

 いつまでこの国にいられるかわからない。

 けれど、この国にいる間は少しでもこの国を知る努力をしたいと思った。

 それが、彼の見せてくれた好意に対するできる限りの返事だと思ったから。




書籍版はこちらから
2019年1月25日発売
追放聖女はシンデレラ 俺様魔王に溺愛されて幸せです(ジュエルブックス)
電子書籍 2018年6月1日配信開始 
皇帝陛下は花嫁狩り ~いきなり私が皇妃様!?~(LUNA文庫)

    第二章 悪役令嬢、隣国へ(8) 
既刊一覧

電子書籍



*    *    *

Information

Date:2019/10/16
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://goldfishlabyrinth.blog.fc2.com/tb.php/295-a5a9f1b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)