迷宮金魚

□ 雑記 □

「聖娼の島」を読んだ

 
乙女系に手を出すまでは、性描写ありのものっていうと官能小説とジュブナイルポルノばっかり読んでいたんですが、乙女系の存在を知ってからはすっかり遠ざかっていたんですよね。

乙女系から少女向けラノベに手を出し始めて、さらに少年向けラノベに手を広げちゃってたから、三年か四年くらい官能小説は読んでなかった気がします。
「最近は女性の官能小説家も増えてるんだぜ~」と友達におすすめされたのがこれ。うかみ綾乃先生の「聖娼の島」。



いやー、面白かった。
男性主人公なので、女性側の反応っていうのは外から見たものでしかないんですけど。

ああ、うまく言えないな。

例えば閉鎖的な島(島全体で一村)の空気とか。
ものすごい空気感なんですよ。その世界にどっぷりでした。

主人公を一途に思う若くて愛らしい女性。
村の業を全て引き受けてきた巫女的役割の女性。
巫女的女性に夫の精神を破壊された女性。

三人の女性がそれぞれ主人公とかかわりを持つんですけど、主人公は(その時向かい合っている相手に対して)誠実に向き合っていくんですよね。その場を離れるとぐらぐらしたりもするんだけど、その葛藤に十分な納得ができるというか。
仲居さんとの車の中でのシーンが好きかも。

そこに村の権力者だのその息子(主人公と同じ女性に好意を持っている)、村の男達の思惑が絡まっていって…最終的には歪んだ村の因習が一気に吹き出していくその過程がすごい。

肝心のシーンの迫力だけじゃなくて、そこに至るまでのストーリーに圧倒されてしまったという。

面白かった本の感想を語るって難しいですねー!
目の前にいる相手なら、「これ面白かったから、読んで!」って鼻息荒く押しつければすむのに(笑)

2017年7月1日発売
パーフェクト愛され人生確定…ですか? 転生したらメロ甘陛下のおさな妻(ジュエル文庫)
電子書籍 2016年5月25日配信開始 
征服王の激愛 ~人質姫は蜜夜に喘ぐ~(TLスイートノベル)

    エバープリンセス創刊日です      拍手ありがとうございました! 
既刊一覧

電子書籍



*    *    *

Information

Date:2014/09/22
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://goldfishlabyrinth.blog.fc2.com/tb.php/55-20f3dda7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)